カテゴリー別アーカイブ: チーム行事

カニ山会【2019年5月6日】

5月6日(月・祝)、 メンパース全メンバーが集まる恒例行事の1つ 「カニ山会」 が開催されました。

今年も素晴らしい天気に恵まれ、学年を超えたコーチ・親御様との和やかな交流の時間となりました。

恒例のチーム全体写真撮影、本年も大所帯となりました。

翌週から夏の大会が始まります。

2019年 くりくり大会調布予選および調布夏季大会組み合わせ

引き続き応援宜しくお願い致します!

広告

第 45 回メンパース卒団式(2018 年)

 

 

2018年12月9日(日)、上ノ原小の体育館で、6年生16名の卒団式が行われました。

今年は同日に2人の女子選手が女子チーム大会の準決勝、決勝に出場するため卒団式に参加できませんでしたが、彼女たちの想いも共に式が進むこととなりました。

杉浦代表より、選手一人一人へ卒団証書と記念品の楯が贈られ、その後、ひとりひとり山岡監督から紹介を受け、それぞれ自分の思いを伝えました。

今年は、自身の成長や、仲間同士の支え合いで苦難を乗り越えることができたことへの仲間への感謝を述べる選手が多かったのが印象的でした。向上心の高さ、仲間の大切さを知る彼らの今後の活躍を期待させるものでした。
選手のお母さんへの想いを伝える内容を聞くたび、お母さんがいたからこそ、何年間も毎週末、凍るような寒い日でも朝早く集まり、練習を続けることができた第一の要因であることは間違いないと思います。
一番声を詰まらせてたのが山岡監督でした。監督のやさしさ、まじめさが素直に出た感慨深い、素敵な卒団式となりました。

卒団生からチームの記念品として、キャッチャー道具を収納できるバッグが贈られました。先輩の想いのこもったバッグ、大切に使って下さい。

6年生選手のみんな、卒団おめでとう!

カニ山会【2018年5月6日】

5月6日(日)、 メンパース全メンバーが集まる恒例行事の1つ 「カニ山会」 が開催されました。

恒例のチーム全体写真撮影、一同勢揃いすると迫力があります。

写真撮影後に懇談会が行われ、晴天の下あっという間に時間が経過し夕方となってしまいました。

翌週から始まる夏の大会も全員野球!!

2018 年 トン汁会

2018年1月21日、今年のチーム初行事、毎年恒例の豚汁会開催されました。 A、 B、C1、C2 、それぞれが新チームとなり初めて勢揃いする行事です。 今年は昨年に引き続きポカポカ日和で過ごしやすい穏やかな時間となりました。 お母さんたちに朝早くから準備いただき、今年の豚汁も具だくさん(ほんとに具だくさん!)で大変好評でした。 今年も 安納芋の差し入れがあり、おいしくいただきました。ありがとうございました!

第44回メンパース卒団式(2017年)

2017年12月10日(日)、上ノ原小の体育館で、6年生16名の卒団式が行われました。

杉浦代表より選手一人一人へ卒団証書と記念品が贈られ、その後、ひとりひとり宇留間監督から紹介を受け、それぞれ自分の思いを伝えました。

例年と異なり、今年はコメントの途中で言葉を詰まらし、涙を流しながら話す選手がとても多く、周りのコーチや父兄の方々も涙しながら一言一言大切に聞いている姿がとても印象的でした。
選手たちは、「仲間」という言葉、そして、朝早くからお弁当を用意してくれたお母さんへの「感謝」の気持ちを伝える場面が多く、今年のメンバーは心優しい選手が多かったのだと感じられました。

卒団生からチームの記念品として、コンパクトで持ち運びが便利なトスバッティングなどで使えるネットが贈られました。ちょっとした、時間や場所があれば、少しでも練習ができるので有効に活用してください。

6年生選手のみんな、卒団おめでとう!

2017年 トン汁会

wp_20170115_12_07_45_pro

2017年1月15日、今年のチーム初行事として豚汁会が開催されました。 A、 B、C1、C2 、それぞれが新チームとなり初めて勢揃いする行事です。 今年も昨年のように寒気も厳しくなく過ごしやすい穏やかな時間となりました。 豚汁は具だくさんで大変好評でした。 余ることなく、大きな寸胴2つが空っぽになりました。 安納芋の差し入れもあり、その焼き芋はデザートのような甘さでした。 準備いただいたお母様方、ありがとうございました!

第43回メンパース卒団式

15420874_1082213595238862_5364127133422856448_n

15338796_1082213648572190_2287007753917136565_n

2016年12月11日(日)、上ノ原小の体育館で、6年生10名の卒団式が行われました。

澤村代表より選手一人一人へ卒団証書と記念品が贈られ、その後、キャプテンの中山くんから順番に宇留間監督からの紹介とそれぞれひとりひとり自分の思いを伝えました。
中山くんが今年優勝できなかった悔しさを来年晴らして下さいと涙ながら後輩に伝えた場面は、彼のキャプテンとしての責任感と、もともとの負けん気の強さが伝わる、彼らしいメッセージでした。 彼に続いた卒団生も涙を堪えることができず、言葉に詰まってしまう選手も何人かいました。それぞれがいろいろな思いをもって、精一杯、練習、そして大会に臨んできたことが良く伝わる感動的なシーンとなりました。

卒団生からチームの記念品として、プラカードが贈られました。次回大会より、長年使ってきた木製のものから、持ち運びに便利なアクリル製のプラカードになります。

6年生選手のみんな、卒団おめでとう!